自分に合うキャッシング会社の選び方

金利の差でキャッシングを選ぶ

キャッシングの利用を始めるときは、大半の人はどこで借りようかということを迷ってしまうはずです。どうして迷うのかというと、それはおそらく金利に差があるからではないでしょうか。選んだ場所によっては、返す金額に大きく差が出てしまうかもしれない。そう考えたらなかなか決めかねてしまいますよね。

確かにキャッシングにおいて金利というのは切っても切り離せないようなもので、ある意味これがキャッシングの会社選びで一番大事なことかもしれません。もし金利をチェックしないで借り入れを行うと、とんでもない結末が待っていることになるかもしれません。

キャッシングサイトのホームページなどを見ていると、金利に振れ幅があるということはおそらくみなさんお気づきでしょう。この○○%~○○%といのは下限金利と上限金利というもので、これらは借りた金額などによって変わってきてしまうのです。

例えば金利が5%~20%に設定されている会社があったとして、そこで30万円を借りた場合は、20%の金利が発生してしまうことが多いです。どうしてかというと、金利というのは借りた金額が低いほど大きくなっていくという特徴があり、多くの会社は100万円を基準としてそれ以下の借り入れの場合は上限金利になってしまうからです。

ですので、上限金利というものがキャッシング会社を金利で選ぶ場合には重要な要素となってくるわけです。この上限金利というのは会社によって幅はあるものの、おおよそは18%程度となっていることが多いので、これを基準に選んでみるといいかもしれません。

しかし、これはあくまでも少額(100万以下)での融資を受ける場合の話であり、100万以上の融資を受けると言った場合は下限金利もチェックしておかなければなりません。下限金利のほうも会社によって幅はあるものの、平均すると5%程度となっていることが多いので、こちらもこれを基準にしてみてください。

今回の金利についての選び方をまとめておくと、100万以下の融資の場合は上限金利を、それ以上の場合には下限金利に注目しながら選んでいくということになります。